個人サロンのヒゲ脱毛

ニードル脱毛・電気針脱毛について

ニードル脱毛(正式名称:電気針脱毛)は熟練した技術が必要であり、脱毛の中でも最も効果のある脱毛方法です。
歴史も古く脱毛経過年数実績もあり、確実に脱毛したい方におすすめです。

法人格を持たないサロン

個人エステサロン

個人エステサロンメリット・デメリット

エステサロンでのヒゲ脱毛のメリットとデメリットをご紹介しています。
目的に応じてしっかり情報を収集し、お客様自信がサロンを見極める目を持つことが
最も「成功するヒゲ脱毛」となる可能性が高くなります。

merit個人エステサロンのメリット

価格が安い

アットホーム

価格で大手サロンやクリニックとの差別化をおこなっているサロンが多いため、価格は比較的安く設定されております。
また、一度通うとマンションの一室等でおこなっていてアットホーム感は高いです。
何度も通うヒゲ脱毛にとってはアットホームな環境は非常に助かります。

demerit個人エステサロンのデメリット

閉店のリスク

脱毛知識のばらつき

個人で経営の場合によくある事だが、資金的な体力不足が生じ閉店するサロンも多くあります。また、法人でない時点で脱毛ビジネスの観点からは知識不足が推測されます。
脱毛知識と使用機械も多岐に渡るため、サロン選びが非常に難しい。保険未加入のサロンも多く存在する。

良い個人サロンを見抜く5つのポイント

個人サロンは良いサロンが近くにあれば、非常におすすめします。
しっかりした脱毛知識と認定機械を使用していれば効果は期待でき、安価に顔脱毛が行えます。
しかし、品質の幅が大きくサロンにより変わるので選択する場合は自前に情報を集める事が大切です。

  • 日本エステティック振興協議会認定の脱毛機を使用している

    個人サロンは良いサロンが近くにあれば、非常におすすめします。
    しっかりした脱毛知識と認定機械を使用していれば効果は期待でき、安価に顔脱毛が行えます。
    しかし、品質の幅が大きくサロンにより変わるので選択する場合は自前に情報を集める事が大切です。

  • 脱毛資格(JEPA)を有している

    日本エステティック振興協議会が推奨する、「美容ライト脱毛安全講習会」または「美容ライト脱毛技術者講習会」を修了している。ニードル脱毛の場合は「A.E.A.」「C.P.E」の電気脱毛資格を有している事。

  • 肌トラブル時の対応として医療提携をしている
    (または保険加入がベスト)

    脱毛を提供する側が一番力を入れてやらなければいけないことが、万が一の肌トラブルの保証です。個人サロンの場合脱毛保険に加入していないケースが多いため、事前に「保険加入しているか?」「医療機関と提携しているか?」の質問を行い確認する必要があります。

  • サロン運営期間が2年以上ある

    個人サロンの入れ替わりは非常に多いです。契約期間中に閉店してしまう…。
    そんなケースも多く聞きます。
    個人サロンの場合、返金義務はあるもののそのまま返金にされないケースもあるようです。
    しっかりとした個人サロンであれば、紹介客も多く安定した運営をしています。
    一つの目安としてOPENからの運営期間も聞くことも忘れないようにしたほうが良いです。

  • 男性スタッフが在籍している

    ヒゲ脱毛は男性脱毛の中でも特別な部位です。とても毛が濃く女性の脱毛では考えられない予測不能な事や効果の推測も女性サロンでは難しいところがあります。また、ヒゲ脱毛は多少痛いためその痛さも女性スタッフだとわかってくれません。同じ痛みを経験した男性スタッフの施術のほうが数段安心感が得られます。

これが業界で今、最もお得なキャンペーン

ヒゲ脱毛 選べる3箇所/1年間通い放題49,800円(税込)

各店舗人数限定!なくなり次第終了します!CAMPAIGN

キャンペーン情報はこちら

ひげ脱毛YESへのお問い合わせこちら

ボディ脱毛専門店はこちら

メンズ脱毛サロンYES Instagram大阪 ウロジヤタトゥー